スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【神隠し殺人】 「健全なセックスできない若者が『性奴隷』エロゲーやアニメで性知識得てたら、極めて危険」…成人雑誌編集長ら

2009年01月16日 00:16

・東京・江東区のOL殺害・切断事件で、元派遣社員、星島貴徳被告(34)の初公判で明らかになった
 遺体損壊、遺棄の手口は身の毛がよだつものだった。被告は猟奇的な犯罪に自身を駆り立てた
 動機として「女性を性奴隷にしたかった」と述べている。

 星島被告は逮捕時、自作イラストを所持していた。初公判で検察がプロジェクターに映し出したその
 内容は、「女性同士の絡みや女性が強姦される様子が描かれたアニメ調の絵」(傍聴者)だった。
 被害者を拉致した際もAVを見ていたという被告が、好んで鑑賞していたAV嬢の出演作にも
 「人間玩具」などといった陵辱系の作品が多かった。

 星島被告は一般女性との交際経験はなく、日ごろからAVやアニメ、同人誌などで妄想を膨らませて
 いたが、この「性奴隷」という言葉を検索すると、いとも簡単に衝撃的なサイトに出くわす。

 家電量販店のアダルトコーナーにも、“美少女監禁系”がズラリ。いずれも、ロリータ風の
 少女がわいせつ行為を強要されながら、次第に「性奴隷」に調教されていくという内容。星島被告は
 性奴隷を「私とのセックスに依存し、私を必要に思う存在」と定義したが、こうしたアニメの影響とみられる。

 これらのアニメではしばしば、少女の肉体改造や内臓をえぐり出すなどの狂気じみたシーンが
 展開する。元AV男優で成人雑誌編集長を務める男性(43)は「『性奴隷』をテーマにした日本発の
 エロアニメは世界中から圧倒的支持を得ている」と語る。
 「ただ、現実の世界で女性関係を形成できず、性欲は旺盛なのに健全なセックスができない若者が
 これらの作品から短絡的な性の知識を得ているとしたら、きわめて危険な状況といえます」

 オタクジャーナリストの篠本634氏も「同人系陵辱アニメやゲームは、過激であればあるほど売れる。
 犯罪に直結するとは言いがたいが、『性奴隷』の妄想と現実の違いが分からない人間がこれらの作品に
 触れたとき、より悪い方向に向かう可能性はある。とはいえ、これらのコンテンツはネットで簡単に
 手に入る。規制をかけることは不可能」と危惧している。(抜粋)
 http://www.zakzak.co.jp/top/200901/t2009011401_all.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3350-6e023795
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。