スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マスコミ】 "新聞、ネットに負ける" 09年、ネット広告が史上初めて新聞広告抜く事に…テレビに次ぐ第2のメディアになる見通し

2009年01月09日 05:32

★09年もネット広告拡大が加速 新聞抜き第2のメディアへ

・2009年はインターネット広告が史上初めて新聞広告を抜き去り、テレビに次ぐ第2の
 広告メディアに躍り出る見通しであることが6日、明らかになった。
 新聞、雑誌、テレビ、ラジオの既存マスコミ4媒体の広告費は不況で昨年も伸び悩んだが、
 ネット広告だけは拡大。世界的な景気低迷で企業が広告費を削減するなか、この傾向は
 今年も加速するとみられる。100年に1度の不況は日本の広告業界も変えていきそうだ。

 電通が08年1~9月の実績をもとに試算した日本の昨年の広告費は、新聞が対前年比
 11%減の約8300億円、雑誌が同7%減の4200億円、テレビが同4%減の1兆9100億円、
 ラジオは同5%減の1600億円と、いずれも前年実績を下回り、4媒体の広告費総額は4年
 連続の前年割れとなった。北京五輪などのプラス要因はあったものの、昨秋以降の
 金融危機を受け、企業が一斉に広告出稿を手控えたためだ。

 一方、ネット関連の広告費は同16%増の6900億円と、2ケタの伸びとなる見通しだ。
 モバイル広告や検索連動広告などの媒体費に加え、ネット広告の制作費も拡大傾向にある。
 昨年はブロードバンド化が一段と進んで動画の視聴が一般的になったことも成長を後押し
 している。

 ネット広告は04年にラジオを、06年に雑誌を抜き去り、テレビ、新聞に次ぐ第3のメディアに
 成長。これに対し、新聞広告は低迷が続いており、09年には、初めてネット広告が新聞を
 上回る見通しだ。

 日本の広告市場は1990年代初めのバブル崩壊をきっかけに暫減。2000年のITブームで
 一時回復の兆しをみせたものの、雑誌や新聞はその後も上向いていない。テレビも05年から
 減り続けている。
 http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20386169,00.htm
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3310-9120f695
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。