スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】 「製造業の派遣見直し、行きすぎだ!」「失業者が増える」「製造業は海外に逃避する」…大手企業の社長ら

2009年01月09日 04:59

・経済3団体の新年パーティー後に開かれた経済3団体トップによる共同記者会見。
 政府内で製造業派遣の禁止論が浮上していることについて、経済同友会の桜井・代表幹事は
 「製造業を派遣対象から排除するのは行き過ぎだ」と批判した。

 自動車・電機各社による「派遣切り」が相次ぐのを受け、舛添厚生労働相が「製造業まで派遣労働を
 適用するのはいかがなものか。国際競争を勝ち抜くため、しわ寄せが低賃金や派遣労働に
 行っていいのか」と発言。規制すべきだとの考えを示していた。
 これに対し、桜井氏はこの日の会見で「(失業者らに対する)セーフティーネットの充実など手直しを
 考えるのが重要だ」と指摘した。岡村・日本商工会議所会頭も、「うまく機能しているときは、従業員は
 仕事の選択ができ、企業は繁閑期の労働調整ができた」と、製造業派遣の意義を強調した。

 アサヒビールの池田会長も、見直し論議に対し「性急すぎる。もし製造派遣を規制すれば
 (企業はかえって人を雇わなくなり)失業率が高まる」と強調。三井物産の槍田社長は
 「バランスのとれた柔軟な雇用の仕組みがなければ、製造業は海外に逃避する」とした。
 ともに規制の強化が、かえって雇用情勢を悪化させるとの指摘だ。
 経営悪化を受け大幅な人員削減に取り組んでいるソニーの中鉢社長も「議論が内向きに
 なりすぎている。日本の国際競争力の低下は避けなければならない」と話した。

 ただ、労働法制のあり方を見直すべきではないかとの指摘も出ている。
 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木会長は「正社員、非正社員という分け方が正しいのか、
 考える時期にきている」とする。
 日本経団連の御手洗会長も、製造業派遣について「働き方の多様性というニーズに対応してきた」
 と、その意義を指摘したうえで、「将来の環境変化に対応するために政労使で法制の見直しを
 していけばよい」と、雇用の実情に応じた検討の必要性に言及した。
 経営共創基盤の冨山代表取締役は「非正社員に対する保護を強化する一方で正社員の保護を
 もっと緩めるべきではないか」と提案した。(抜粋)
 http://www.asahi.com/business/update/0107/TKY200901060329.html

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3292-14741a65
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。