スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】麻生首相、書初めで漢字を間違える

2009年01月05日 23:24

麻生首相が4日の年頭記者会見で見せた「書き初め」の落款(らっかん)が話題になっている。

落款は書画に添える筆者の署名で、色紙にあらかじめ「平成廿十一年新春 麻生太郎」と記されていた。
国語辞典「大辞泉」などによると、「廿」は1文字で「二十」を意味し、「下の『十』はいらない」というのだ。

自民党のホームページは、元日付で首相の「年賀状」を掲載しており、脇の日付は「平成廿十一年元旦」。
1日にはインターネット上で「『廿十一』は『廿一』が正解ではないか」と指摘されていた。

首相は昨年、漢字で痛い目にあっただけに、与党からは
「首相官邸のチェック体制はどうなっているのか」と深刻に受け止める声も聞こえている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090105-00000057-yom-pol
年頭記者会見での麻生首相の書。廿(にじゅう)のあとに十が書かれている=田中成浩撮影
http://ca.c.yimg.jp/news/20090105221409/img.news.yahoo.co.jp/images/20090105/yom/20090105-00000057-yom-pol-thum-000.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3285-e984192a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。