スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】麻生首相がパレスチナ自治政府のアッバス議長と電話会談、イスラエルとの早期停戦求める 1000万ドルの人道支援表明も

2009年01月04日 05:52

★首相、自治政府のアッバス議長と電話会談…早期停戦求める

 麻生首相は3日、東京・神山町の私邸で、パレスチナ自治政府のアッバス議長と電話で会談し、
イスラエルとの早期停戦実現を求めた。

 また、イスラエル軍の空爆を受けるパレスチナ自治区ガザに食糧など約1000万ドル(約9億
2000万円)規模の緊急人道支援を行う考えを表明した。

 首相はイスラエル軍の空爆について、「多数のパレスチナ人に犠牲が出ていることは遺憾だ」と
した上で、「ガザにおける一刻も早い停戦の実現と、イスラエル・パレスチナ双方による和平進展の
ための努力の再開を希望する」と述べた。

 アッバス議長は「日本の(事態)沈静化に向けた働きかけの努力や人道支援に感謝する。和平
プロセスを続ける努力を行っていくので、引き続き日本の協力をお願いしたい」と応じた。

 首相は12月31日にイスラエルのオルメルト首相とも電話会談し、速やかな空爆停止を求めて
おり、今回の電話会談も、日本側が要請した。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090103-OYT1T00427.htm?from=main5
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3274-8b69f2d1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。