スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】派遣村から再起目指す人々…「生きるためプライドを捨てる」「仕事を見つけたいが難しいので生活保護に頼るしかない」の声も

2009年01月04日 05:50

「腕には自信」嘆く職人 派遣村から再起目指す '09/1/3

東京・日比谷公園の“年越し派遣村”にたどり着いた人たち。「腕には自信があるのに」と嘆く職人もいれば、
「生きるためプライドを捨てる」と目を伏せる人も。再起の希望とため息が交じり合う。

 埼玉県で型枠大工をしていた男性(42)は昨年五月末、仕事と住居を一度に失った。「腕に自信はある。だが競争が激しく、
景気の悪化で仕事は減る。どうしようもなかった」。翌日からホームレス生活が始まった。

 生活保護を申請したこともあるが、役所の窓口で「ハローワークへ行くべきだ」と言われた。派遣村で教わった手続きに従い、
週明け再び申請するつもりだ。「早く仕事を見つけたい。収入が安定したら生活保護はいらなくなる」

 港湾関係の労働者だった男性(54)が勤務先から「来なくていい」と言われ、寮を追い出されたのは昨年十一月。マンガ喫茶に泊まり、
金が乏しくなると友人宅を転々。「そのあても尽き、プライドを捨てるつもりでここに来た」

仕事を見つけたい―。「だが難しいだろう。生きるためには生活保護に頼るしかない…わたしはどうすればいいのか」。最後はため息になった。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200901030203.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3270-7472a9a3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。