スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】「もう少しお金があれば」…生活保護訴訟の原告、月7万5千円で暮らす 食事や風呂の回数を減らし、新聞もやめた-広島

2008年12月24日 15:28

★原告「食事できればほっと」

「食事ができるとほっとするんです。今日も一日生きられたって」。25日に広島地裁で判決がある
生活保護訴訟の原告の一人、広島市東区の男性 (81)は、かみしめるように言う。幹線道路沿い
の古びたアパートの一室。家賃を除き、年金と保護費を合わせた月約7万5000円で暮らす。

2年前に亡くした妻とは60歳を過ぎて一緒になった。しかし、月に1万7930円あった老齢加算が
徐々に減額されかなわなくなる。食事や風呂の回数を減らし、新聞もやめた。

加算が廃止された2006年の12月。急に体調を崩し身動きができなくなった妻は、最期まで病院
に行くことを拒み、自宅で息を引き取った。「もう少しお金があれば満足な食事もさせてやれたの
に。すまなかった」

公判は欠かさず傍聴した。保護基準の見直しによる「痛み」を妻の分も訴えたかったからだ。

11―21歳の子ども4人を抱える広島市西区の無職女性(46)は保護費の約1割を占めていた母子
加算約2万7000円が約8000円にカットされた。原告になり、ほかの仲間や子どもに勇気づけられ
ている。「自分と同じ境遇にはなってほしくない」。判決に子どもたちの将来も託す。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200812240023.html


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3263-d043e367
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。