スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【募金】「なつくんを救う会」が心臓移植の為に1億8000万円の募金を呼びかけ…「生きる希望を後押ししてください」-長野

2008年12月24日 15:24

原因不明の心臓病と闘う長野県飯田市の小学1年生山下夏君(7つ)を支援する会が22日、
県庁で会見し、父親の猛さん(33)らが心臓の海外移植に必要な資金の寄付を呼び掛けた。

夏君は4歳のとき、心臓の筋肉が硬直していく難病「拘束型心筋症」と診断された。
助かるには心臓移植しかないと宣告されたが、日本では15歳未満の子どもが心臓の臓器
提供者(ドナー)となることができないため、両親がアメリカでの移植を決めた。

今年1年生になったが、学校に行けたのは7日ほど。現在は東京女子医科大に入院中で、
強心剤を投与してほぼ一日中寝たきり。移植には渡米費用など計1億8000万円が必要。
「なつくんを救う会」が10月から募金を始め、これまでに約9180万円が集まった。

猛さんは数年前に刈谷市内の会社に勤めていたこともあり、愛知にも広く支援を募ることに
した。救う会が11月から週末に名古屋駅前で募金をしている。猛さんは「夏の生きる希望を
後押ししてください」と訴えた。
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20081223/CK2008122302000039.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3254-32b04fad
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。