スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】「さようなら」「ありがとう」 元妻に娘たちから手紙届く…硫化水素自殺?車内で父娘3人死亡 兵庫・播磨の駐車場

2008年12月22日 01:23

★心中?:父娘3人、車内で硫化水素 中1と小6、「さよなら」と手紙--兵庫・播磨

 19日正午ごろ、兵庫県播磨町新島の県営駐車場に止められた軽乗用車内で、町内に住む
父娘3人が死亡しているのを通行人が見つけた。県警加古川署が調べたところ、助手席側の
窓に「硫化水素発生中」「近づくな」と書かれた紙が張られ、遺体のそばに薬剤が入った洗面器が
あった。車内から仕事の悩みなどがつづられた父の遺書が見つかり、同署は硫化水素による
心中とみて調べている。

 3人は播磨町の食品販売店経営、杉本幸一さん(34)と長女ほのかさん(13)=中学1年、
次女つかささん(12)=小学6年。調べでは、車の後部座席に並んで座り、洗面器は助手席の
後ろ辺りの床に置かれていた。
 一家は数年前から3人暮らし。杉本さんの両親によると、杉本さんはフランチャイズの店を
経営していた。遺書には経営がうまくいっていないことを示唆する内容や、娘たちに自殺を
思いとどまらせようとしたが「ついていく」と言われたことなどが書いてあったという。
 ほのかさんの通う中学校の校長によると、この日午前8時ごろ、母親から学校に電話があった。
「18日に娘たちから手紙が届いた。『さようなら』『ありがとう』という内容があり気になっていた」と
話したという。
 同署によると、離婚後に別居している母親は18日深夜、自宅前に置かれた手紙を発見。
遺書めいた内容だったため明石署に届け出たという。杉本さんの両親は「孫の手紙には
『死ぬのはこわくない』などと書いてあった」と話した。
 ほのかさんの担任教諭は「毎日きちんとおかずの入った弁当を持ってきていた。『お父さんが
作ったの』と聞くと『そうなんや』とにっこり笑ったのが印象に残っている」と話した。

毎日新聞 2008年12月20日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081220ddm041040070000c.html
朝日ソースもあります
http://www.asahi.com/national/update/1220/OSK200812190107.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3238-c9977f9f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。