スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】 外交文書公開 「核の傘」の確約を佐藤首相が迫り、ジョンソン大統領が保証・・・1965年

2008年12月22日 01:23

 外務省が22日付で公開した外交文書によると、
中国による初の核実験後、1965年1月の日米首脳会談で、
佐藤栄作首相(当時)が日米安全保障条約に基づき、
日本が核攻撃を受けた場合に米国が核兵器で報復する「核の傘」の確約を迫り、
ジョンソン大統領(同)が「保証する」と応じていたことが明らかになった。
また、マクナマラ国防長官(同)との会談では、佐藤首相が「核による報復を期待する」と要請していたことも分かった。
 日米首脳がこの会談で米国の「核の傘」を確認したことは、
米側の公文書などで知られていたが、日本側文書でも裏付けられた。
 首脳会談は65年1月12、13両日にホワイトハウスで行われ、
大統領は初日の国務長官らを交えた全体会合の前に、佐藤首相を別室に招き入れ、約50分間話し合った。
 首相はこの中で、中国が64年10月に初めて原爆実験に成功したことに触れ、
「日本は核武装は行わず、米国との安保条約に依存するほかない。
米国があくまで日本を守るとの保証を得たい」と求めた。これに対し、大統領は「保証する」と一言で確約した。
 外務省は会談前に、「核兵力を含むあらゆる戦力の行使」を求める文書を用意していたが、
首相はこうした言及は避けた。ただ、マクナマラ長官との会談では
「戦争になれば、米国が直ちに核による報復を行うことを期待している」と明確な表現で要請。
海上施設を建設して核兵器を持ち込む構想まで披露し、同長官が「技術的な問題はない」と応じる場面もあった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081222-00000001-jij-pol
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3237-3614366e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。