スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【企業】 ソニー、ブルーレイが思ったほど売れず。テレビ事業も低価格品投入が裏目に…2つの誤算

2008年12月19日 01:42

・ソニーが9日、収益力が低下しているエレクトロニクス事業の立て直し策として、世界で
 正社員8000人を含む約1万6000人の人員削減を発表した。

 「膨大な投資が利益に結び付いているのか。それが疑問だ」。立て直し策の策定が本格化した
 10月末、中鉢良治社長はエレクトロニクス事業の主要社員を集めた定例会議でいらだちを
 あらわにした。国内電機9社と研究開発投資の費用効率を比較し、ソニーの効率が
 パナソニックなどに劣り、非常に低いことを問題視したのだ。「不幸なのは高付加価値だと
 思った商品が売れないことだ」(同)。資金と人材、時間をかけて育成した製品で稼げないのだ。

 典型例が、基本技術の多くを自社で開発したブルーレイ・ディスク。今春に東芝がHD DVDから
 撤退し、規格が一本化したことで販売がようやく本格化するはずだった。
 だが関係者の期待を裏切り、ブルーレイ再生機の世界販売台数は「計画を下回り続けた」
 (ソニー関係者)。一方で、世界ではブルーレイより低画質のDVD再生機が根強く売れている。

 高付加価値品が不振なのは、赤字の液晶テレビ事業でさらに深刻だ。後発の液晶テレビで
 世界トップシェアを狙うため、ソニーは08年度から10万円以下の低価格品をアジアのEMS
 (電子機器製造請負サービス)に積極的に生産委託してきた。
 だが、ここにも誤算が。低価格品の投入で、内製している高付加価値品の売れ行きが
 鈍ってしまった。関係者によると、自社工場の稼働率は急低下しているという。今回の生産再編の
 背景にはこうした自社生産能力のダブつきがあり、ソニーは米国のテレビ工場の閉鎖を決めた。

 そもそもソニーは、ウォークマンや初期のプレイステーションに代表されるような、他社にない
 差別化製品で市場を創出し成長してきた。ところが、ひとたび強い製品を欠くと、投資や生産を
 含めたビジネス循環がたちまち破綻する。世界同時不況をコスト削減でしのいだとしても
 ソニーの復活にはやはり強い製品の再来が欠かせない。(抜粋)
 http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/c2fcfd86d049333a45f380ab03b9c793/

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3216-7e05da9b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。