スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】 「日本、移民受け入れと定住化は不可避」「日本を外国人にとって魅力的な国にする」 経団連、自民外国人交流推進議連に説明

2008年12月19日 01:39

・日本経団連の村岡富美雄経済政策委員会企画部会長は3日、自民党外国人材交流
 推進議員連盟(会長=中川秀直衆議院議員)の会合において、日本経団連が先般
 取りまとめた提言「人口減少に対応した経済社会のあり方」(10月16日号既報)について、
 外国人材の受け入れや定着のあり方を中心に説明し、意見交換を行った。
 会合には中川会長をはじめ、衆参約20名の国会議員が出席した。

 はじめに、村岡部会長が、人口減少が本格化する中、中長期的に国の活力を維持していく
 ために、迅速かつ同時並行で着手すべき課題として、「成長力の強化」「未来世代の育成」
 「経済社会システムの維持に必要な人材の活用と確保」の3点を指摘。とりわけ、高度人材、
 留学生をはじめ、海外から幅広い人材を受け入れ、定住化を進めていくことが不可避の
 課題であり、日本語教育や雇用、就労のあり方の見直しを含め、総合的な日本型移民政策を
 検討すべき時期にきていると問題提起した。
 その上で、優先的に取り組むべき課題として、担当大臣の設置を含む行政面の体制整備、
 外国人材の積極的な受け入れと円滑な定着を図っていくための基本計画の策定を要望した。

 席上、議員からは、「日本を、外国人にとって働いてみたいと思える魅力的な国にするとともに、
 諸外国の模範となるような制度を構築すべき」「企業として、先端的な事業・研究や、
 ダイバーシティ・マネジメント等を通じて、職場の魅力を高め、優れた人材が集まるような
 環境を整えるべき」「外国人材の円滑な受け入れのための法整備の加速や、行政面における
 担当の部署や大臣を設置すべき」「社会統合を円滑に進めていくための日本語教育の充実が
 必要」との指摘があった。また「国民的なコンセンサスの形成に向け、経済界としても努力して
 ほしい」との意見が出された。
 http://www.keidanren.or.jp/japanese/journal/times/2008/1215/07.html

※「人口減少に対応した経済社会のあり方」:http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2008/073.pdf
 ※注:PDFファイルです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3209-c1b6f740
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。