スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京】野中広務氏「後援会員で元日本兵の1人から『南京で女子供を百数十人も殺した』と聞かされた」-南京事件71周年集会

2008年12月15日 00:58

後援会員が「殺した」と告白 南京占領71周年で野中氏
 
旧日本軍の中国・南京占領から71年になる13日、市民団体が「南京事件71周年集会」を東京都内で開き、
野中広務元自民党幹事長が講演で、1971年に後援会の人たちと南京を訪れた際、
日本軍兵士だったという1人が「女子供を百数十人も殺した」と告白したエピソードを紹介した。

「子どもと教科書全国ネット21」など主催で、約300人が参加した。
野中氏の講演によると、後援会員は南京を占領した部隊の一員。野中氏らと訪れた城壁の近くで
突然倒れ「体がガタガタ震え、地の底に引き込まれる気持ちになった。やってはならない(ことをした)
中にいた当時を思い起こし、居たたまれなくなった」と説明。

この後援会員は「占領した市内の点検を命じられ大きな土塀の家を調べたところ、中は女子供ばかりだった。
上官に報告すると、『その中に便衣隊(民間人を装った軍の部隊)がいるんだ。皆やっちまえ』と言われ、
目をつぶって、恐らく百数十人を全部殺してしまった」と話したという。

野中氏は「規模は分からないが、異常で非人間的な事態があったことを、その人を通じ知ることができた」
とし「国の将来を思う時、歴史に忠実でなければならない」と訴えた。

【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121301000404.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3169-829ac4e9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。