スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】 「被害者面して」「死神ファミリー」…割り箸死亡事故など医療事故被害者遺族ら、2ちゃんねるなどで誹謗中傷にさらされる

2008年12月12日 22:15

・医療ミスで患者を死亡させたとして医師が起訴された事件の遺族たちが、インターネット上で
 誹謗(ひぼう)中傷にさらされている。
 中には死亡した当事者本人を責める書き込みもあり、専門家からは「このままでは遺族が
 正当な主張さえできなくなる」と対策を求める声が出ている。

 「医療崩壊を招いた死神ファミリー」「被害者面して医師を恐喝、ついでに責任転嫁しようと騒いだ」

 割りばしがのどに刺さり死亡した保育園児杉野隼三ちゃん(当時4歳)の診察にミスがあったとして、
 耳鼻咽喉(いんこう)科医(40)が業務上過失致死罪に問われた裁判。2審・東京高裁の無罪判決に
 対し、東京高検が4日、上告断念を発表した直後から、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」や
 インターネット交流サイト「ミクシィ」内のブログには、隼三ちゃんの両親を非難する文章が次々と
 書き込まれた。

 中傷が始まったのは、医師が在宅起訴された2002年。1審・東京地裁で無罪判決が出ると、
 「自分勝手」「クレーマー」などと非難はエスカレートした。母親の文栄さん(51)は「発言することが
 恐ろしくなった」と語る。

 福島県立大野病院の産科医(41)が業務上過失致死罪などに問われ、9月に福島地裁の
 無罪判決が確定した事件でも、死亡した妊婦の父、渡辺好男さん(58)が非難の的になった。
 自宅住所を調べるよう呼びかけたり、「2人目はだめだと言われていたのに産んだ」と妊婦を
 侮辱したりする書き込みに、渡辺さんは「罪のない娘まで中傷されることが一番つらい」と憤る。
 医師自身が中傷を書き込むケースもある。奈良県で06年、脳出血を起こした妊婦(当時32歳)が、
 19病院に受け入れを断られた末に死亡した問題では、ネットの医師専用掲示板に、妊婦の
 診療経過など詳細な個人情報が流出し、最初に書き込みをした産科開業医が遺族に謝罪する
 事態に。同じ掲示板に「脳出血を起こした母体も助かって当然、と思っている夫に妻を妊娠させる
 資格はない」と書き込んだ横浜市内の医師は、侮辱罪で摘発された。

 奈良女子大の栗岡幹英教授(医療社会学)は「患者側がネット上で激しく中傷されることで、
 被害者が萎縮(いしゅく)する傾向がある」と分析する。

 犯罪被害者基本法を所管する内閣府によると、医療ミスがあったとして医師が業務上過失致死傷で
 起訴された場合、被害者や遺族は無罪判決が確定しても同法によって保護される「犯罪被害者等」に
 当たる。

 常磐大の諸沢英道教授(被害者学)は「他国に比べ日本では、被害者側にも落ち度があったのでは
 ないかという偏見が強い。刑事責任の追及は、捜査当局が独自に判断して行うもので、バッシングは
 被害者の権利行使を妨げる。行政や司法は『中傷は許されない』という姿勢を明確にするべきだ」と
 指摘している。(以上)

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081212-OYT1T00427.htm?from=main2
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3154-bb23d2b3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。