スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】 "円相場、ついに90円割れ" 一時、1ドル=88円台突入

2008年12月12日 22:13

・週末12日の東京市場を、ビッグスリー(3大自動車メーカー)救済をめぐる米議会の協議決裂が
 直撃した。円相場は一気に円高が進み、一時、13年4カ月ぶりの円高水準となる1ドル=88円10銭を
 付けた。協議決裂は株式相場にも大きな衝撃を与え、日経平均株価は、円急騰もあって急落。
 一時、前日比600 円超安まで値下がりし、同484円68銭安の8235円87銭で終わった。円相場は、
 朝方から同91円台でもみ合ったが、昼すぎに米議会の協議決裂が伝わると、急激に円買い・ドル
 売りが進んだ。午後5時現在は同89円57~60銭と、前日比2円94銭の円高・ドル安。

 円は対ユーロでも上昇し、午後5時現在は1ユーロ=118円99~119円02銭と同2円35銭の
 円高・ユーロ安。協議決裂は「まさにサプライズ」(米系銀行)と、驚きを持って受け止められた。

 日経平均も、協議決裂を受けて下げ足が速まった。5日ぶりの急反落で、市場では「仮に
 (ビッグスリーの一角の)経営破綻(はたん)が現実味を帯びてくれば、景気が一段と悪化
 しかねない」(大手証券)との見方が広がり、投資家心理が急速に冷え込んだ。また、多くの
 企業が2009年3月期業績見通しを立てる上での想定レートを1ドル=95~100円程度に設定
 しているが、それを大幅に超える円高が進んだことで、先行き業績への警戒感が広がった。
 株式市場では「ビッグスリーをめぐる米政府の動向から目が離せず、週明け後も波乱展開になる
 可能性が大きい」(中堅証券)との声が聞かれた。 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081212-00000202-jij-bus_all
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3151-ea2ca17b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。