スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【宇宙】コロラド州でも大規模な火球が観測、明るさは満月の100倍[12/08]

2008年12月10日 01:59

現地時間で6日にかけて米コロラド州で大規模な火球が観測されていたことがコロラド州の
クラウドベイト天文台(Cloudbait Observatory )の発表により明らかとなった。

 クラウドベイト天文台の全天観測ビデオカメラが記録した観測データによると、米山岳部
標準時(MST)で6日午前1時6分。火球は北から南へかけて約1秒間に渡って夜空を流れた
後、閃光を放って爆発を起こした模様だ。

 クラウドベイト天文台では火球が爆発を起こした際の明るさは満月の100倍にも及ぶ
ものだったと述べた上で、規模から考えて多数の目撃者が居た可能性があるとして、
地域住民に対して情報提供を呼びかけている。

 北米大陸では11月20日にもカナダ西部にあるアルバータ州で大規模な火球現象が観測。
カナダのアルバータ州で観測された「サスカチュワン火球(Saskatchewan fireball)」は爆発
と共に、瞬間的に辺りを昼間のように照らし出すなど、近年稀にみる大規模なものだったこと
が分かりつつある。

 クラウドベイト天文台では、6日に観測された火球は同天文台で観測された火球としては
過去7年来で最大規模のものだったと述べている。

 カナダに続いてコロラド州も大規模な火球が観測されたことを受けて、何らかの流星現象
が起きているのではないかとする見方もでてきている。

 火球とはいわゆる「流星」現象を示す天文用語。特に、明るい流星を火球と呼ぶ。

(ニュースソース) technobahn
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200812081202 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3129-f0eed5b2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。