スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【生活】“必要な分しか買いたくない”…野菜や果物、「パック売り」よりも「バラ売り」のほうが買いやすく人気 消費者の節約志向が影響

2008年12月08日 01:59

食品スーパーで野菜や果物のパック売りをやめ、バラ売りする店が増えている。東京都世田
谷区などを中心に展開するオオゼキでは、今年に入ってから客の要望が相次ぎ、いったん
パックに入れた商品をわざわざ取り出して販売したケースもあったという。
(略)
これまでは、単品になればパック売りより価格を割高に設定するのが普通だったが、今はバ
ラで買ってもパックで買っても1個当たりの値段は同じ。「隣に並ぶパック売りと比べて、客が
少しでも割高と感じると買い物かごに入れてくれない」(いなげや)。食品の値上げが相次ぎ、
「必要な分しか買いたくない」という消費者の節約志向を反映しているのだ。

あるスーパーでは10月に、これまでトレー売りが主流だった旬の青果を1個ずつのバラ売り
にしたところ、昨年に比べて販売数量が7%増えた。別のスーパーは「競合がバラ売りをやっ
ているのでうちでもやらないと客が逃げてしまう」と取り入れた。(以下略)http://www.toyokeizai.net/life/news/detail/AC/7f36f07089d412e2695fe51f38e4e87f/

旭川を中心に道内十七店を展開する旭友ストアー(旭川)は四日、同市内に生鮮品に特化
した安売りスーパー「ジュアマルシェ東光店」を開店させた。
(略)
木村優社長は「わが社にとって起爆剤となる店舗。価格のほか、ばら売りなど買いやすさも
追求したい」。(抜粋)http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/133164.html
写真 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/image/1391_1.jpg

<参考:11月18日付け記事>
食品スーパーのいなげやは、消費者の節約志向に対応して、野菜や果物をばら売りするこ
とにした。(抜粋)http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20081118-OYT1T00042.htm
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3098-3f1fffa0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。