スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】麻生首相「さもしく1万2000円欲しいという人もいるかも」「哲学、矜恃の問題」 定額給付金発言波紋を広げそうと読売新聞

2008年12月07日 15:08

 麻生首相は6日夜、長崎県諫早市で自民党長崎県連が主催した首相の演説会で演説し、
追加景気対策の柱である定額給付金について、「貧しい人には全世帯に渡すが、『私
はそんな金をもらいたくない』という人はもらわなきゃいい。(年収が)1億円あって
も、さもしく1万2000円が欲しいという人もいるかもしれない。それは哲学、矜恃
(きょうじ)の問題で、それを調べて細かく(所得制限を)したら手間が大変だ」と語った。

 政府は所得制限を設けるかどうかで混乱した末、「年間所得1800万円が下限」と
いう目安を示したが、受給辞退を呼びかけるかどうかは市区町村の判断に委ね、実質的
に制限がない状態が見込まれている。それだけに、今回の首相の発言は波紋を広げそうだ。

■ソース(読売新聞)(12月7日01時39分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081207-OYT1T00088.htm
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3079-c8530c9b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。