スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【千葉・女児殺害】 男の部屋、女児向けアニメのポスターや「プリキュア」等の漫画に囲まれる…毎日新聞女性記者の後をつけることも

2008年12月07日 15:06

・千葉県東金市で起きた成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(当時5歳)の死体遺棄事件は発生から
 約2カ月半で、現場近くのマンションに住む男が逮捕された。無職の勝木諒容疑者(21)は
 その後の調べで、遺棄を認め「(幸満ちゃんが)ぐったりしていて怖かった」と説明した。
 また、容疑者の部屋には、女児向けアニメのポスターが壁に張られ、本棚にも「プリキュア」
 シリーズなどの少女漫画が並んでおり、部屋一面が漫画に囲まれた状態だった。

 勝木容疑者は、母親と2人暮らし。母親は自宅近くの飲食店に勤めており、息子のために店の
 残り物をよく持ち帰っていたという。女性従業員は「(容疑者が)店の前で母を待っている姿を
 よく見た。母は息子を溺愛していた」と話した。

 容疑者は、地元養護学校高等部を卒業後の05年から、学校の紹介で隣の市の寝具会社に
 就職した。勤務態度はまじめとはいえず、従業員から「会社は仕事をする場所、仕事をしなさい」と
 しかられると、ふてくされたような態度をとったという。
 8月、同僚女性(51)に「仕事がつらい」と話し、28日から無断欠勤するようになった。会社側が
 携帯電話に連絡してもつながらず、自宅を訪れても会えなかった。話し合いの末、母親が「本人が
 行きたくないと言っている。やめさせます」と伝えてきた。会社側は「理由はわからない」と説明している。

 一方、同じマンション3階に住む女性によると、9月下旬、20代の娘がエレベーターから
 自室前まで勝木容疑者に後をつけられた。数分後、インターホン越しに「娘さんに用がある」と
 言ってきたため用向きを尋ねると切ったという。

 直接取材していた毎日新聞の女性記者が、現場近くで取材をしていると、出会った勝木容疑者が
 後をつけてくることもあり、10月上旬には1日10回以上、無言電話などをかけてきた。(抜粋)
 http://mainichi.jp/select/today/news/20081207k0000m040111000c.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3077-e02d0f92
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。