スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【調査】 "日本人、中国への感情過去最悪に" 中国に「親しみ感じない」66.6%に…内閣府調査

2008年12月07日 02:15

★中国「親しみ感じない」66%に悪化…内閣府調査

・内閣府は6日、「外交に関する世論調査」の結果を発表した。

 3分の2の人が中国に「親しみを感じない」と答え、日中関係が「良好だと思わない」と答えた人も
 7割を超えてともに過去最高となるなど、国民の対中感情が激しく悪化していることが
 明らかになった。外務省は「中国製冷凍ギョーザによる中毒事件など、中国製食品の安全性を
 巡る問題が影響したのではないか」としている。

 調査は、10月9~19日、全国の20歳以上の男女3000人を対象に実施し、1826人から
 回答を得た(回収率60・9%)。

 中国に対する親しみは、「感じない」とした人が66・6%で前年より3・1ポイント増え、1978年の
 調査開始以来、最高となった。「感じる」とした人は31・8%で2・2ポイント減り、過去最低になった。
 親しみを感じる人は80年の78・6%をピークに減少傾向となり、小泉政権下の05年には32・4%に
 落ち込んだが、今回はそれも下回った。

 日中関係が「良好だと思わない」とした人は71・9%(3・9ポイント増)で、この質問を設けた86年
 以降で最高だった。「良好だと思う」人は23・7%だった。

 一方、日米関係を「良好だと思う」と答えた人は、前年比7・4ポイント減の68・9%で、設問を現在の
 形式にした98年以降で初めて7割を切った。北朝鮮に対するテロ支援国指定の解除や米国発の
 金融危機などが影響したとみられる。

 調査では、国際社会で日本の果たすべき役割も尋ねた(複数回答)。「環境・地球温暖化などの
 地球規模の課題解決への貢献」が66・5%と最も多く、「国際平和の維持への貢献」(51・8%)、
 「難民・避難民に対する人道的な支援」(42・2%)が続いた。
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081206-OYT1T00545.htm?from=main2


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3068-bd23689c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。