スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】 田母神氏 「日本には『自衛隊増強→侵略』という間違った歴史観あるから、自衛隊を軍として使えない」…特派員協会で講演

2008年12月04日 00:54

・先の大戦をめぐり政府見解と異なる論文を公表したとして更迭された田母神俊雄・前航空幕僚長は
 1日、都内の日本外国特派員協会で講演し「自衛隊が大きくなると日本は必ずまた侵略を開始して
 周辺諸国に迷惑をかけるという間違った歴史観が根底にあるため、日本は自衛隊をふつうに
 使う国になれない」と述べ、自虐的な歴史認識が日本の防衛政策の足かせとなっている現状を
 指摘した。

 田母神氏は「過去の話は講和条約が締結した後はいうべきではないが、朝鮮半島、中国には
 こちらから言わなくてもどんどん言われる。それに反論しておかなければ日本はだめになっていく」
 と強調。自らの更迭について「日本の国はいい国だったと言ったら日本政府は『何をバカなことを
 いっているんだ、日本の国はろくな国じゃなかったんだ、おまえはクビだ』ということになった」と述べた。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081201/plc0812012104009-n1.htm

・記者から「1945年当時の司令官だったとして、米国に対して原子爆弾を使う能力があった場合、
 どうするか」と聞かれると、「それは、その状況になってみなければ分かりませんが、まぁ、
 『やられれば、やる』のではないかと思います」と、核使用を肯定するともとれる発言をしたほか、
 日本が核攻撃を受けた際の対応については「ほんのちょっとしか準備できてませんね」とした上で
 日本の核武装について「私は議論されていいと思う。議論するだけで、核抑止力は高まると思う」
 「核を、はじめから『持ちません』と言ってしまえば、核抑止力は低下する。持つ意思を示しただけで、
 核抑止力は向上する」とも延べ、いわゆる「非核3原則」に否定的な見解を示した。
 憲法9条についても、「自衛隊を持つか持たないかで国民の意見が割れている。国を守ることに
 ついて意見が割れるような憲法は直したほうがいい」と、改憲を主張。(抜粋)
 http://www.j-cast.com/2008/12/01031256.html
スポンサーサイト


コメント

  1. 美香 | URL | 7di3CiSc

    どもどもです♪


    おひさしぶりですww
    また遊びにきますね♪♪

    http://poteto56.net/se1201/8v85f/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3052-722255a2
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。