スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】きっかけはTBSの「リンカーン」…低俗番組に倫理問う声→BPOが意見検討

2008年12月01日 00:29

俗化が批判されているテレビ局のバラエティー番組について、
放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が、各局の倫理的な質を問うため
検討を始めた。バラエティー番組に対しては「セクハラではないか」「いじめを助長する」
などと苦情が後を絶たず、問題があると認めれば意見として発表する。一方、テレビ局側からは
「個人の嗜好(しこう)の問題もある」との反論の声も出ている。

きっかけは、今夏にTBS系で放送された「リンカーン」だ。出演者が同じ芸能事務所の
後輩にあたる女性芸人の胸に繰り返し触る映像について、視聴者から「セクシュアルハラスメントと
同時に、パワーハラスメントも感じられる」との意見が複数寄せられた。
BPOではこれまでもバラエティー番組の性的表現や過剰な演出が議題に挙がっていたことから、
同委では「いちいち指摘するより全体を通じて放送の質、倫理について一言いうべき
レベルにあるのではないか」(川端和治委員長)との結論に達した。今後はバラエティー番組全体に
範囲を広げ、他局の事例も集めて議論し直すことにした。

こうしたBPOの動きに対し、TBSの井上弘社長は「番組内容に批判がある場合、
そのつど担当者に届く仕組みがある。編成の方で注意してやっているはず」と説明した。

*+*+ 産経ニュース 2008/11/30[**:**] +*+*
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/081130/tnr0811301806008-n1.htm
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3031-7687baef
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。