スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】社保庁のミスにより無年金扱い 93歳の女性が全額を受け取らずに死亡 不支給額は約1200万円

2008年11月28日 03:03

 原則25年の公的年金の最低加入期間を満たして受給資格があったのに、
社会保険庁のミスによる記録漏れで受給資格のない無年金者とされた35人のうち、
93歳の女性が総額約1200万円とみられる全額を受け取らずに死亡していた
ことが25日、分かった。

 同様に無年金者とされて約380万円を支給されなかった84歳の女性ら3人が
既に死亡しており、死亡者は計4人となった。生前に受給できなかった総額が
1000万円を超えるとみられるケースは初めて。

 今年5、6月に各地の社会保険事務所が本人や家族の相談を受け、35人が
無年金扱いされていたと判明。93歳の女性は、13年10カ月分の
国民年金保険料の支払い記録が漏れていたことが分かった。女性は11月上旬に
亡くなり、社保庁は同月中旬に直近の5年分として約220万円を遺族に支給した。
未払い分は総額確定後、12月にも遺族に支払われる。

 民主党の山井和則衆院議員の質問主意書に社保庁が回答した。

▽47NEWS
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008112501000612.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/3008-87c91d68
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。