スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】公明党「こんなはずじゃ…」早期解散戦略を目論むも悉く外れる

2008年11月26日 00:48

連立与党の一角を占める公明党が、今夏以降、早期の衆院解散・総選挙を目指してきた
にもかかわらず、もくろみがことごとくはずれ困惑しきりだ。公明党は小沢・民主党と
対決する「衆院選の顔」として麻生太郎首相の誕生を歓迎していたが、首相の失言問題などもあって
内閣支持率は低迷し続けている。公明党が主唱した定額給付金も案に相違して世論の風当たりは
厳しい。麻生首相自身も来年4月以降の解散を示唆するに至っており、公明党内は
「こんなはずではなかった。だから早く解散した方がよかったのに」(別の幹部)との
ぼやきで満ちている。
「いつ衆院選があるか、皆さん、立ったり座ったり中腰になったりということで、
大変ご迷惑をかけています」

公明党の太田昭宏代表は25日、松江市内で開いた党支持者らとの会合で、衆院選の
見通しを見誤ったことを陳謝した。
釈明は続いた。
「10月解散、11月選挙にズーム(照準)を当ててきましたが、
(今は)いつかといわれると分かりません。申し訳ありません」
公明党は衆院選戦略の再構築を迫られている。
(後略)
*+*+ 産経ニュース 2008/11/25[**:**] +*+*
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081125/stt0811252238003-n1.htm
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2981-f04e1f90
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。