スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】国籍法改正案に民主党の一部が慎重姿勢を示す…偽装認知を懸念

2008年11月26日 00:47

民主党の平田健二参院幹事長は25日の会見で、参院法務委員会で審議中の国籍法改正案について
「少し疑義があるので慎重に審議していこうと(同日の参院民主党の)役員会で決定した」と述べた。
成立すれば、母親が外国人で、日本人の父親から生後認知された婚外子が日本国籍を
取得できるようになるが、偽装認知に悪用される懸念が一部に出ていることを踏まえた発言だ。

これに対し、自民党の鈴木政二参院国対委員長は同日の会見で「(法務委での採決は)
27日ということで民主党と大体の話をつけている。
勝手にそういうことを言われても」と不快感を示した。

*+*+ asahi.com 2008/11/25[**:**] +*+*
http://www.asahi.com/politics/update/1125/TKY200811250333.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2979-80e1b99a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。