スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】15~24歳のフリーター30万人減少も25~34歳は6万人減にとどまる 中学の不登校は過去最高…政府発表の「青少年白書」★

2008年11月24日 18:15

 政府が21日に発表した平成20年版「青少年白書」によると、全国の中学生に
占める不登校生の割合は19年度は2・91%と前年度から0・05ポイント上昇し、
過去最大になったことがわかった。

 年間30日以上学校を欠席するのを「不登校」と定義し、中学校の不登校生は
19年度が10万5328人(前年度比2・2%増)となった。一方で、小学校の
不登校児は2万3926人(同0・4%増)で、不登校児の割合は近年は横ばい傾向
が続いている。

 また、若者の間でフリーターの総数は減っているものの、25歳から34歳までの
年長者層では減少幅が少なく、フリーターの状態が固定化していることも分かった。

 19年の15-34歳のフリーターは181万人で、15年の217万人を
ピークに4年連続で減少。このうち15-24歳が4年で30万人減少した一方で、
25-34歳の年長者層は6万人減にとどまった。

 政府は10月に発表した追加経済対策に、年長フリーターらを正社員として
採用した企業に助成金を支給する制度を盛り込むなど、安定雇用確保に力を入れる
方針だ。

 このほか、平日に親子が一緒に過ごす時間を調べたところ、「ほとんどない」と
答えた父親の割合が12年の14・1%から18年時点では23・3%と大幅に
増加した。「15分くらい」「30分くらい」を含めると約6割にのぼった。
白書では「長時間労働など家庭を取り巻く環境の変化が子どもにとって好ましくない
状況の背景になっている」と指摘している。

▽産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081121/plc0811210936005-n2.htm
▽関連ニュース
若者の非正規雇用が急増=10代後半は7割に-青少年白書…時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008112100182
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2966-9550c62c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。