スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】派遣社員(40)、手取り18万円で3人の家族を養う…「お先真っ暗です」 日産・栃木工場9日間生産停止

2008年11月24日 03:56

★日産 9日間生産停止

北米市場などでの販売不振の影響を受け、日産自動車栃木工場(上三川町上蒲生)は、
24日から来月2日までの9日間、生産を完全停止する。いすゞ自動車栃木工場(大平町
伯仲)も、派遣社員などの非正規社員430人の契約を12月末で打ち切ることを決めた。
下請けの中小企業も、受注減に苦しんでおり、世界的な景気後退が、県経済のけん引
役だった自動車関連産業に打撃を与えつつある。

■厳しい雇用環境 「これから年末なのにお先真っ暗です」――。いすゞ自動車栃木工場
で働く男性派遣社員(40)は途方に暮れる。

同工場では、派遣社員270人、期間従業員160人の計430人が契約解除される。男性も
半年前から同工場で働き、手取り約18万円で3人の家族を養ってきた。「家族には『仕事
はある』とうそを言って安心させる。別の働き口が見つかるよう派遣会社に頼るしかない」と
苦しい胸の内を明かした。しかし、県南地域のある人材派遣会社は「今の経済状況では、
他の受け入れ先も少ない」と指摘する。

ハローワークおやまによると、10月ごろから、「近々契約を打ち切られる」と、職探しに
訪れる非正規社員が増えたという。
■受注激減 下請け業者の影響も深刻だ。大企業の相次ぐ減産で、部品製造などの
受注が激減しているためだ。

小山市内の自動車部品製造会社では、来年1~3月の日産自動車関連の注文が前年
同期の約10分の1に減った。日産の栃木工場が生産停止する9日間は、製造ラインを
止めざるを得ない。男性経営者は「どこまで踏ん張れるか。他業種参入を進めるなど
して、経営そのものを変えていかなければ生き残れない」と表情を曇らせた。

一方、取引の9割がいすゞ自動車という岩舟町内のトラック部品会社では、1か月あたり
3~4億円前後あった上半期(4~9月)の売り上げが、下半期(10~3月)は4割減と
なる見通しで、「創業以来の大打撃」という。来年1月末には派遣社員60人の契約を
打ち切らなければならなくなった。

福田知事は17日の再選後の共同インタビューで、「中小企業の厳しさは日々増している。
自動車(業界)が一番厳しい」と強調し、中小企業への融資制度の拡充や、非正規社員へ
の支援などを柱とした県独自の経済対策を早急にまとめる考えを示した。しかし、世界的
な景気悪化が続く中、県経済の情勢悪化は避けられそうにない。(終わり)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20081122-OYT8T00849.htm
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2939-b2c16550
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。