スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】「厚生年金」お年寄り1人を現役世代"2.82人"で支えている 10年前は4.76人…厚労省調査

2008年11月23日 03:08

★ お年寄り1人を2.82人で

10年前、厚生年金は現役世代の4.76人で1人のお年寄りを支えていましたが、
少子高齢化の急速な進行で平成18年度には、支え手となる現役世代が2.82人
まで減っていることが、厚生労働省のまとめでわかりました。

厚生労働省は、毎年、公的年金の財政状況をまとめ、発表しています。それにより
ますと、平成18年度の給付費は、▽国民年金が15兆3000億円、▽厚生年金が
22兆3000億円、▽共済年金が6兆2000億円で、全体では43兆8000億円と
前の年度を1兆円上回り、過去最高を更新しました。また、公的年金の現役世代の
加入者が7038万人だったのに対し、受給資格を持つ高齢者は3366万人で、厚生
年金については現役世代の2.82人で1人のお年寄り支えている計算になります。

支え手となる現役世代は、平成8年には1人のお年寄りに4.76人でしたが、この
10年で2人近く減ったことになり、少子高齢化が急速に進むなか、現役世代の負担が
年々増加していることがあらためて浮き彫りになりました。

>>> http://www3.nhk.or.jp/news/k10015545501000.html#
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2935-17151d19
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。