スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】「安心するのはまだ早過ぎる」 突然の報に驚き、慎重姿勢崩さず 厚労省に招集された職員「何をしていいのか」

2008年11月23日 03:06


「本当か」「まだ安心できない」=突然の報に驚き、慎重姿勢崩さず-厚労省

  「本当なのか」「まだ安心できない」。元厚生事務次官宅連続殺傷事件で、
  「自分がやった」と話す男が22日夜、警視庁に出頭したとの報は、厚生労働省幹部の間にも瞬時に駆け巡った。
  幹部らは、事件の急展開に驚きを隠せない一方、慎重な姿勢も崩さなかった。

  ある幹部は「報道が本当なら皆安心できるが、安心するのはまだ早過ぎる」。
  別の幹部は「報道が事実であることを願っているが、背景が分からないと、うちでは何もできない」と語った。
  事件発生以来、入館者に対する金属探知機検査が行われるなど、厳戒態勢が続く東京・霞が関の厚労省本庁舎には
  同夜、担当職員が急きょ集まり、慌ただしく報道関係者らへの対応に追われた。

  呼び出されて駆け付けたある職員は「来ては見たが、テレビなどの報道でしか分からず、
  何をしたらいいのかも分からない。とりあえず、事態を見守るしかない」と語った。
  厚労省には同日午後11時の時点で、警視庁から事件について何も連絡は来ていないという。
  男が「コイズミ・ツヨシ、46歳」と名乗っていることから、同省は該当する人物が職員やOBにいないか確認を始めた。
  人事担当者は「まだ全部確認したわけではないが、約3000人が通う厚労省の本省の職員の中ではこの名前は聞かない」と話した。
  もっとも、社会保険庁の出先機関など、厚労省職員全体では約5万人いることから、確認を終えるまでには時間がかかるという。

時事通信社 (2008/11/23-00:06)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008112300002
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2932-7259810e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。