スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【元次官ら連続殺傷】 「年金の報いだ」 厚労省に中傷メール100件超…朝日新聞は「ネットに『狙われて当然』書き込み…背筋寒く」

2008年11月20日 23:14

★「報いだ」厚労省に中傷メール100件以上

・事件から一夜明けた19日、東京・霞が関の厚生労働省には嫌がらせの電話や中傷メールが
 相次いだ。「年金問題の報いだ」「おまえも同じ目に遭わせてやる」などの内容で100件以上という。

 同省はインターネット上のホームページに掲載していた幹部名簿を削除。これまで大臣以下、
 各課の企画官レベルまで約350人の肩書と氏名を掲載していた。

 朝の出勤時間には職員が硬い表情で登庁。1階と地下の入り口では警備員が職員以外の
 入庁者を金属探知機でチェックする厳戒態勢が敷かれた。40代の幹部職員は「(厚労省で)
 金属探知機は記憶にない」と驚いた様子。ある若手職員は「僕らは一生懸命に仕事をしているのに、
 どうしてこういうことが起こるのか」と事件に対して憤った。

 現職幹部の身辺警護も物々しく、自宅前に防護服姿の警察官らが10人以上配置された
 江利川毅事務次官は「先輩があんなことになればショックですよ」と言葉少な。年金局長室と
 社会保険庁長官室の前にも警備員が1人ずつ配置された。
 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2008/11/20/04.html

※関連
★朝日新聞11/20社説
・二つの事件が本当に結びつくかどうかは、今後の捜査を待たねばならない。犯人は官僚機構や
 政策への怒りを短絡的にぶつけたのか。それとも個人的な腹いせだったのか。もしも仕事や職場が
 からんでいるとするなら、退任からかなり年数がたつ元次官らを、なぜ今狙ったのか。警察当局は
 一つひとつ、慎重に見きわめてほしい。
 その上で気になることがある。事件のあと、インターネット上に「狙われて当然だ」というような
 書き込みがあった。ごく一部の人だろうが、あまりにも無責任で、背筋が寒くなる。
 過去にも、長崎市長や警察庁長官が撃たれる事件があった。行政や官僚のトップを暴力で
 ねじ伏せようとする行為は、民主主義を脅かすものだ。(抜粋)
 http://www.asahi.com/paper/editorial20081120.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2889-63e7d13c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。