スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国籍法改正】 閣僚「内容知らずにサインしたが…とんでもない法案が通る!助けて」 誰も理解せぬまま、参院審議入り…28日成立へ

2008年11月20日 23:01

・未婚の日本人父と外国人母の間に生まれ、出生後に認知された子の日本国籍取得要件から
 「婚姻」を外す国籍法改正案は20日、参院法務委員会で趣旨説明が行われ、審議入りした。
 法務委は同日の理事懇談会で、26日に1時間45分の参考人意見聴取、27日に4時間の一般質疑を
 行った後に委員会で採決することで合意。改正案は28日の参院本会議で成立する見通しとなった。

 衆院法務委がわずか3時間の審議で改正案を採決し批判を受けたことから、参院側は「慎重な対応を
 したい」(自民党国対幹部)として倍近い審議時間(5時間45分)を確保した形だ。だが、懸念される
 偽装認知への歯止めをどうするかなど、議論が尽くせるかどうかは疑問だ。

 「この中で、国籍法改正案を全部理解している人は手を挙げてください」
 20日の自民党津島派の総会で、戸井田衆院議員はこう呼びかけたが、手を挙げた議員は
 1人もいなかった。改正案は国会議員も内容をよく把握しないまま、成立へと向かっているようだ。
 改正案は4日に閣議決定されたが、国会議員らが問題点や危険性に気付いたのはその後だった。
 平沼赳夫元経産相は「国籍法改正案を検証する会合に賛同する議員の会」で、こんなエピソードを紹介した。

 「現役閣僚から『とんでもない法律が通りそうだから何とかしてくれ』と電話があった。『あなたは
 それに閣議でサインしたんだろう』と言ったら、『流れ作業で法案の中身は分からなかった』と話していた」

 自民党では、改正案が衆院を通過した18日の役員連絡会や参院執行部会で問題指摘が相次いだ。
 執行部会では、国対幹部が「運用で(犯罪に)歯止めをかけていく工夫が必要だ」と述べ、尾辻秀久
 参院議員会長も「もう一度検討した方がいい」と語ったが、成立の流れを押しとどめるまでには至っていない。

 一方、民主党の改正案を問題視する議員からも「うちの法務部会(部門会議)も、『次の内閣』会合も
 通っちゃっているんだよな」との嘆息が漏れている。(一部略)
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081120/plc0811201947010-n1.htm

※まとめwiki(●を外して下さい):ttp://ww●w19.atwiki.jp/kokusek●i/
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2881-9abcedfd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。