スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】「日本が大好き」不法滞在で強制退去命じられたフィリピン人女子中学生が涙の訴え…法務省に在留許可求め嘆願書

2008年11月20日 23:00

不法入国:在留許可求め嘆願書 比人中学生と両親が法相に

日本で生まれ育ち、日本語しか話せないフィリピン人の中学1年生、カルデロン・ノリコさん(13)
=埼玉県蕨市=と両親への退去強制命令を取り消してもらおうと、ノリコさん一家が20日、
在留特別許可を求める嘆願書を森英介法相あてに提出した。

ノリコさんの父アランさん(36)と母サラさん(38)は92~93年、他人名義の旅券で入国。
95年にノリコさんが生まれた。06年にサラさんが入管法違反で逮捕され有罪となり、
一家に退去強制命令が出た。取り消し訴訟も敗訴し、今月27日に退去の期限が迫っている。

ノリコさんは「友達とダンススクールを開くのが将来の夢。生まれ育った日本が大好き。
フィリピンでの暮らしは想像できない」と訴えた。【石川淳一、稲田佳代】

会見で涙を見せるカルデロン・ノリコさん(右)と父親のアランさん(中央)、
母親のサラさん=東京地裁で2008年11月20日午後2時25分、須賀川理撮影 
http://mainichi.jp/select/jiken/news/images/20081121k0000m010013000p_size5.jpg
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081121k0000m040073000c.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2880-e86d31cd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。