スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国籍法改正案】 「多くの国民が、改正案に反対の意思表明してる」…自民党の一部議員、採決前に退席

2008年11月19日 23:26

★国籍法改正案が衆院で可決、自民一部議員が採決前に退席

・日本人と外国人の間に生まれた子供の国籍取得要件から、父母の婚姻を外すことなどを
 内容とした国籍法改正案は18日の衆院本会議で全会一致で可決、参院に送付された。

 本会議では自民党の赤池誠章、西川京子、牧原秀樹衆院議員が採決前に退席した。

 本会議に先立つ衆院法務委員会で、自民党は反対の姿勢を示していた赤池氏を差し替えた。
 牧原氏ら3議員は「多くの国民が改正案に反対の意思表明をしている。もう少し審議をすべきだ」
 などと退席の理由を語った。

 同改正案は、最高裁が6月、日本人と外国人の間の子供の日本国籍取得に親の結婚を
 要件とした現行国籍法の規定を違憲とする判断を示したことを受けて、政府が今国会に
 提出した。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081118-00000045-yom-pol

・18日に衆院を通過した国籍法改正案をめぐり、本会議採決で自民党の保守派議員
 約10人が採決前に退席した。民主党からも数人が棄権した。(抜粋)
 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20081119AT3S1800V18112008.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2878-97c3e2b3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。