スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【労働】トヨタ、2000人を無届け解雇、小池議員が質問した翌日に届け出も再就職支援なし…しんぶん赤旗

2008年11月19日 23:21

トヨタ 2000人無届け解雇 小池議員質問翌日に届け出 再就職支援なし

 トヨタ自動車が、雇用対策法で義務付けられた「大量雇用変動の届け出」や「再就職援助計画」を
提出しないまま大量の労働者を雇い止めし、国会で取り上げられた翌日に届け出ていたことが
十八日までに分かりました。質問した日本共産党の小池晃参院議員にトヨタが回答してきた
ものです。

 トヨタは、減益でも六千億円もの経常利益を見込みながら二千人の期間労働者(有期雇用)を
減らし、来年三月までに七千八百人を削減する計画です。社会的責任が問われます。

 同法では、人員削減(一カ月に三十人以上)を行う場合、届け出などを職業安定所に
提出しなければならず、違反すれば罰金が課せられます。

 十三日の参院厚生労働委員会で小池氏は、同省がまとめた人員削減報告にトヨタの雇い止めが
反映されていないと指摘し、届け出などは出ているのかと質問。太田俊明職業安定局長は、
「出ていなければ適切に指導していく」と答えました。

 小池議員に対してトヨタは、職業安定所の指導を受けて十四日に届け出たと報告。期間満了に
よる雇い止めは対象外だと誤って理解していたと釈明しました。しかし、再就職支援では
「就労機会の情報を提供する」としているだけです。

2008年11月19日(水)「しんぶん赤旗」

責任は重大
 小池議員の話 法律も守らず、雇用切り捨てをすすめていたトヨタの責任は重大です。
日本共産党が指摘するまで放置していたのは許せません。厚労省は「後からでも届け出れば
法違反にはならない」と説明しますが、二千人以上が再就職支援もなくほうりだされており、
あまりにも無責任です。トヨタに雇用を守る責任を果たすよう求めるとともに、厚労省が法に
基づく厳正な指導や対策を行うよう求めます。そして派遣法の抜本改正など非正規労働者の
雇用を守るたたかいをすすめていきます。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-11-19/2008111901_02_0.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2872-8393f950
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。