スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【元次官ら連続殺傷】元警視庁捜査1課長・田宮栄一氏「2つの事件は、同一犯か同一グループの可能性が高いと思われる」と分析

2008年11月19日 17:04

旧厚生省の元事務次官や家族が18日、相次いで凶刃に襲われた事件で、
警察庁は「連続テロ」の可能性があるとみて本格的捜査を始めた。

逃走している犯人像について、専門家が推測した。厚生行政への何らかの「恨み」を持つ人物の可能性や、
「義賊」を装いアピールを狙う人物の可能性などが考えられるという。

犯罪学が専門の藤本哲也中央大教授は、年金問題だけでなく、薬害エイズなどこれまでも
厚生行政をめぐる問題が起きていることを挙げ「犯人が、厚生労働省を自分の生活を脅かす
存在として考えていてもおかしくない」と犯人の抱く敵対心を推理。「襲いやすいOBを狙ったのだろうが、
現役も安全とはいえない」と警告した。

元警視庁捜査1課長・田宮栄一氏は、犯行状況が似ていることなどから「2つの事件は、
同一犯か同一グループの可能性が高いと思われる」と分析。犯行動機については「個人への恨みではなく、
行政に対する不満があったと思われる。(不満を持った)その時の行政の、トップを狙ったのではないか。
今後も、同様の事件が起きる可能性は否定できない」と話した。

一方、ジャーナリストの大谷昭宏氏は「30歳ぐらいという目撃情報からは、
自分が年金が減るなどの被害を受けた人物とは考えにくい。義賊を装い、
世間に向けて自己アピールを狙った、ゆがんだヒロイズムがうかがえる」と犯人像や
心理状態を推理。元最高検検事の土本武司白?大法科大学院長は
「年金問題などに対する不満を抱えた同一犯の可能性が極めて高い」と指摘した。

 [2008年11月19日8時32分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20081119-431107.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2859-2da363ea
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。