スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】 「山口さんを嫌っていた政治家も」「年金問題のプロ中のプロ」「私が女なら惚れちゃう」…殺害された山口元厚生次官の人となり

2008年11月18日 23:19

・元厚生官僚トップの身に何が起こったのか。さいたま市の自宅で18日朝、殺害されたとみられる
 元厚生事務次官、山口剛彦さん(66)は現職時代、「年金のスペシャリスト」として知られた
 有能官僚だった。一方、「歯に衣(きぬ)着せぬ物言い」で知られた。突然の出来事に関係者や
 近所の人たちも驚きを隠せない様子だった。

 山口さんは65年に旧厚生省に入省し、年金局長、官房長、保険局長を歴任。96年11月、社会
 福祉法人グループを巡る贈収賄疑惑が発覚して辞職した岡光序治(のぶはる)次官の後任として
 事務次官に就いた。99年8月に退職後も00年1月まで顧問を務めた。

 山口さんは、薬害エイズ事件で旧厚生省が揺れていた96年当時、官房長を務めた。同省の
 元幹部の一人は「歯に衣着せぬ物言いのため、誤解されることも多く、山口元次官を嫌う
 政治家らは『山口だけは事務次官にするな』といつも言っていた。だが、岡光元次官の
 汚職事件のおかげでトップに上り詰めた」と話す。

 大物元次官の悲報に、厚生労働省は重苦しい雰囲気に包まれた。山口さんをよく知るキャリア
 官僚は「岡光元次官の不祥事の後に次官になり、省の信頼回復のために頑張っていた姿が
 印象的だった。年金問題についてはプロ中のプロだった。とにかく驚いている」と悲痛な表情で
 語った。

 山口さんが年金課長だった時代に2年間課長補佐を務め、ともに年金改革に取り組んだ
 浅野史郎前宮城県知事は「有能で性格も温かくひょうひょうとした方。私が女だったらほれちゃう
 ような人だった。事件を聞いて、びっくりしてがっくりした」と驚いていた。

 山口元次官の隣家に住み、妻美知子さん(61)と仲が良かったという女性(59)によると、美知子さんは
 用心深い人で、門扉などのかぎはきちんとかけていた。だが、美知子さんは「かけるのが面倒だ」と
 話していたという。(一部略)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081118-00000056-mai-soci
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2847-67497f19
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。