スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】 「麻生政権はいつまで続く?」 金融サミット、海外メディアの注目は麻生政権の"寿命"だった

2008年11月17日 18:18

★海外メディアの注目は麻生政権の寿命…金融サミット

・麻生太郎首相(68)は15日(日本時間16日)、緊急首脳会合(金融サミット)で国際通貨基金
 (IMF)への10兆円融資や途上国支援のための新基金創設を表明した。これには「存在感を
 示せた」(同行筋)との声がある一方、海外メディアが最も注目したのは麻生政権の“寿命”だった。

 麻生首相は閉会後の会見で「日本に対する期待の大きさ、果たさないといけない役割を感じた」と、
 金融安定化に向けた日本の重要性を力説。「大変な危機を(日本は)一国で乗り越えた」と、
 日本の経験をアピールした。

 だが、実際には「麻生政権はいつまで続くのか」(米紙記者)と、首相の経済政策より政権の
 継続性に関心が集まっているのが実態。首相は金融サミットに先駆け、ウォール・ストリート・
 ジャーナル紙にIMF支援などを盛り込んだ「麻生提案」を寄稿したが、アジア、欧州版のみに
 とどまり、求めていた米国版掲載はかなわなかった。

 また、次回金融サミットの誘致でも、フランスのサルコジ大統領に「次はロンドンが有力」と
 先手を打たれ、完全に後れを取った。22日からのアジア太平洋経済協力会議(APEC)
 首脳会議では中国、インドの発言力が強まるとみられ、首相が主導権を握るのは一段と
 難しい状況だ。
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20081117-OHT1T00109.htm
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2835-001aa261
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。