スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネット】 35歳ひきこもり男性「友だちもいません。孤独です」…メール悩み相談広がる。言葉交わさぬ気軽さ、匿名の安心感

2008年11月16日 23:40

・仕事や家庭の悩みを打ち明け、アドバイスしてもらえるメール相談が広がっている。従来の
 面接相談、電話相談に抵抗がある人にも、言葉を交わさなくてもいい気軽さ、匿名の安心感が
 受けているようだ。

 「自分が何をしたらいいのか分かりません。友だちもいません。孤独です」。一年前から引きこもって
 いる三十五歳の男性は「東京都ひきこもりサポートネット」のパソコンメール相談に悩みを送信した。
 相談員は「これからのことを一緒に考えていきましょう」と返信。やりとりを繰り返した半年後、
 男性からの最後のメールには「出掛けるのも以前より苦痛でなくなりました。精神的につらい時支えに
 なっていただきありがとうございます」と記してあった。

 同ネットは四年前、東京都に委託された東京学芸大で始められ、毎月百件を超える相談が
 寄せられる。返

 同ネット統括責任者の田村毅同大教授(思春期精神医学)は「面接相談には引きこもっている本人は
 行かない。電話相談もしゃべることが大きな精神的負担になる。ネットなら匿名で気軽に相談
 しやすい」と指摘する。

 静岡県警鉄道警察隊も、電車内の痴漢や盗撮被害でメール相談を受け付けている。同隊は「深刻な
 問題で、電話よりメールの方が相談しやすい」と設置理由を話す。
    ◇
 「職場も忙しすぎて、社員同士で相談できる雰囲気にないから、メール相談に頼る人が多い」と指摘
 するのは、無料でキャリア相談を受ける「キャリメール」のスーパーバイザー水野みちさん。
 今年四月から二十-三十代を対象にキャリメールを始めた日本キャリア開発協会には一日
 約五十件のメールが届く。転職や職場の人間関係に関するものが多い。水野さんは「若い世代は
 成功体験が少なく、自分に自信を持てない人が多い。メール相談に、気持ちを支えてもらえる安心感を
 求めているのでは」と推察する。
    ◇
 一方で、「メール相談」を装った悪質業者に個人情報をつかまれ、被害に遭う例もある。メールを
 送る前に、受付団体の情報を集めるなどのチェックが必要だ。(抜粋)
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2008111602000089.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2812-5bb96e8e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。