スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国際】アイスランド大統領「日本の債権者は我が国民が多大な損失を被った事を理解するのが重要」円建て債の償還容易でないとの見解

2008年11月16日 23:36

【レイキャビク14日共同】世界的金融危機の直撃を受け国家破たん寸前とされるアイスランドの
グリムソン大統領は13日、同国最大のカウプシング銀行が発行し債務不履行となった円建て
外債(サムライ債)について、償還は容易でないとの見方を示した。また、行き詰まった
金融立国路線に代え、豊富なクリーンエネルギーなどの資源を活用し経済再建を目指す考えを表明した。

レイキャビク郊外の大統領官邸で共同通信と会見した。

大統領はアイスランド国内で銀行の株式や債券への投資は保護されなかったことを指摘し、
「(日本の債権者は)アイスランド国民が多大な損失を被ったことを理解することが重要」と述べた。

カウプシング銀行は2006年10月、500億円のサムライ債を発行したが、今年10月末の期限内に利払いせず、
事実上の債務不履行となった。07年にも3回、計280億円分を発行した。

2008/11/14 21:57 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111401000650.html
13日、レイキャビク郊外の大統領官邸で共同通信と会見したアイスランドのグリムソン大統領(共同)
http://www.47news.jp/PN/200811/PN2008111401000761.-.-.CI0003.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2811-8d2af281
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。