スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】貸し渋りと貸し剥がしは、建設・小売・サービスの3業種に集中…長年の付き合いも関係なし

2008年11月16日 21:30

貸し渋りや貸しはがしが建設と小売り、サービスの3業種に集中していることが、
全国の零細業者でつくる全国商工会連合会のまとめでわかった。
長年つきあいのある地域金融機関が突然、融資姿勢を厳格化するケースも目立っており、
連合会は年末を控えて資金繰り破綻(はたん)が起きないよう、万全の措置を政府に求めている。

連合会が8月以降、全国の商工会に聞き取りした結果、「貸し渋り」と言える90の例を
確認した。そのうち建設業が31%、小売りが23%、サービス業が13%で、全体の3分の2を占めた。

「業界動向が悪いとの理由で半年間は融資できないと通告された」「経営者が高齢という理由で
契約更新を拒否された」「別のところから受けた融資を、返済に回すよう要求された」
「年2、3%だった金利を、12%に引き上げられた」……。実例からは、金融機関が唐突に
新規融資や契約更新の拒否、返済要求といった姿勢に転じたことに対する経営者の戸惑いが浮き彫りになった。

*+*+ asahi.com 2008/11/16[**:**] +*+*
http://www.asahi.com/business/update/1115/TKY200811150227.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2805-4a0c0a87
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。