スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国際】 「日本人の国民性、敬服せざるを得ない」 日本へ修学旅行の中国・北京の高校長、ブログで発表。共感広がる

2008年11月16日 21:29

★ブログで日本の国民性称賛 修学旅行で中国の高校長

・今年5月、修学旅行で日本を訪問した北京市第四中学(高校)の劉長銘校長が細かい
 気配りをする日本人の国民性を称賛、「中国は日本から学ぶべきだ」とする評論を11日、
 ブログに発表、共感が広がっている。

 北京でトップクラスの進学校として知られる同校は初めて修学旅行先に日本を選び、高2の
 約400人が東京や長崎などを見学。日本から中国への修学旅行は多いが、中国からは
 極めて珍しい。

 校長は日本人と接触し「中国人にはない、細部に見られる特質」を感じたとした上で「自律的で
 社会に迷惑をかけない」ことを原則とする気配りの国民性に「敬服せざるを得ない」と称賛。
 女性トイレに消音と節水のために設置されている排水擬音装置も「細やかさ」の一例に挙げた。

 「日本人が中国人より頭が良いとは思わない」とした上で、物質的に豊かになった中国では、
 有害物質メラミンを意図的に混入させた汚染粉ミルク事件が起きるなど依然モラルが低いと憂慮。

 両国間には日中戦争などの歴史的経緯があり、訪日には対日理解を通じて「恨みを取り去る」
 目的があったが、国民性の落差を認めざるを得ず、逆に「どうしようもない」という「(自分に対する)
 新たな恨み心」すら生まれたと複雑な心境を吐露した。
 http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111501000421.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2803-f6fd8532
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。