スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【兵庫】「武器は平和を守れない」「非核地帯をアジアで広げて」…「平和憲法守ろう」 土井たか子さんらが訴え

2008年11月16日 21:25

★「平和憲法守ろう」土井たか子さんら訴え 芦屋

元衆院議長の土井たか子さん(79)と、原爆の語り部として活動する元コープこうべ理事長
の竹本成徳さん(77)を招いたリレートークが十五日、芦屋市立上宮川文化センターであり、
戦争や憲法九条について語り合った。

特定非営利活動法人(NPO法人)「一杯のコーヒーから地球が見える」(大阪市淀川区)の
メンバーらでつくる実行委が主催。会場には市民ら約七十人が集まった。

土井さんは、女学生時代の戦争体験を語るとともに、憲法九条の大切さを強調。「すべての
戦争を放棄するという人類の悲願が込められている」とした上で、「武器では平和をつくれない。
非核地帯をアジアで広げていくことこそが国際貢献だ」と持論を展開した。

竹本さんは、中学時代に広島で被爆。鏡に映った自分の姿を見て「死にたい、人間の顔を
しとらん」と泣き叫び、亡くなった姉を振り返り、平和の尊さを訴えた。

質疑応答で、田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長の論文問題について意見を求められた
土井さんは「(田母神氏は)歴史観と国を守るという責任感がちぐはぐで一貫性がない」など
と指摘した。
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0001570250.shtml
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2799-dab19a19
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。