スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】健康だった犬の気管にビニール袋を詰めて死亡させた獣医に115万円の賠償命令 弁護士「被害者は200人以上把握」…東京地裁

2008年11月15日 00:37

 飼い犬のミニチュアダックスフントが死んだのは、獣医師が気管に
ビニール袋を詰め込んだためだとして、東京都八王子市のアルバイト女性(26)が
多摩センター動物病院(多摩市)の鳥吉英伸院長(41)に約230万円の賠償を
求めた訴訟で、東京地裁は14日、慰謝料など約115万円の支払いを命じた。
村田渉裁判長は「健康だった犬の気管に異物を詰めており、極めて悪質で言語道断の
行為だ」と非難した。

 判決によると、女性は06年7月、同病院に検査入院を勧められて犬を預けたところ、
約3時間後に死んだと連絡を受けた。「肺炎を起こしていた」と説明されたが、別の病院
の獣医師による解剖で気管内からビニール袋が見つかった。鳥吉院長は「そんな犬は
診察していない」などと主張していたが、同病院は実質閉鎖されており、判決への
コメントは出ていない。

 原告女性は記者会見で「ものすごいショックを受けた。獣医師である以前に人として
許せない」と悔しさをにじませた。鳥吉院長は別の民事裁判でも「体内に異物があり
手術しないと死ぬ」とうそを言い、ずさんな手術をしたことが認められて、今年5月に
国から業務停止3年の処分を受けている。女性の代理人の弁護士は「被害者は
200人以上把握している。獣医師免許はく奪を求めたい」と話している。

▽Yahoo!ニュース(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081114-00000134-mai-soci
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2789-9bd6bced
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。