スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】 「助けるどころか、携帯カメラを向けていてショックだった」と現場近くのマッスルさん…渋谷・爆発火災

2008年11月13日 22:57

★マッスルさんに聞く「救助せず携帯カメラを向ける人にショック」…渋谷区火災

・東京都渋谷区の住宅街で12日午後零時半頃、会社経営・横山信一さん(60)の
 自宅兼事務所で爆発が起こり出火した。この火事で、横山さん宅と向かいの民家が全焼。
 横山さんの母の喜代子さん(88)と妻の洋子さん(55)の遺体が見つかった。

 偶然、現場近くの事務所にいたイラン人タレントのランディ・マッスルさん(40)が、
 横山さんを救助。だが、「2人、救えなかった」と沈痛な表情だった。

―爆発発生の瞬間は?
「『ボーン』という音がして、3分くらい、爆発音が続いていた。何だと思って近づいたら
壁が吹っ飛んで、中を見たらすごい炎だった。普通じゃないと感じた」

―普通じゃないとは?
「炎があっという間に、かなりの大きさになった。横山さんを運んでいる時も連続で
『ボンボンボンボン』と音がして、自分が撃たれているのかと思った」

―怖くなかった?
「目の前で人が焼けそう、と思った瞬間に、頭が真っ白になっていた。横山さんに
呼びかけても、返事が無かったので『この人、パニックになってる』と無意識に動いた。
横山さんの抵抗する力が強かった。家族を思ってたんでしょう。僕が代わりに行きたかったけど…」

―周囲は?
「何人か手伝ってくれたけど、多くの人が助けるどころか、携帯カメラを向けていた。
『人の命がかかってるんだぞ』って思わず叫んだ。ショックだった」
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20081113-OHT1T00061.htm
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2776-6b293f09
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。