スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【佐賀】女子高生チーム「精子3分の1に減ったなら3倍愛し合って」の少子対策発想で入賞…全国高校デザイン選手権(画像あり)

2008年11月13日 00:10

社会問題の解決策をプレゼンテーションする能力を競う「第15回全国高校デザイン選手権」で、
佐賀県西松浦郡有田町の有田工高デザイン科の3年生チームが3位入賞した。
少子化の解消策として夫婦が愛情を深める時間を国が支援することを提案。
タブー視されがちな性問題にもユニークな視点で切り込んだ点が評価された。

チームは黒岩亜紀古さん(18)、岩永美奈子さん(18)、大石佳奈さん(18)。
「ラブラブ3倍パック」というテーマで、忙し過ぎる現代社会で夫婦がコミュニケーションを
取る時間を増やすため、国が職場や交通機関に対策を義務づけることを提示した。

現代の男性の精子が3分の1に減った研究データに対し「夫婦が3倍愛し合えば解決する」と
シンプルに発想。共働き夫婦の休暇同時取得を実現する「なかよしバケーション」、
週2日は残業を禁止する「早くあいたいデー」、既婚者が疲れず早く帰れる専用車両の
「おかえり快速導入」などを提案。愛を深める環境をつくるよう勧めた。

3人は「国の少子化対策が出産後ばかりなのに疑問を持った。愛情を交わす心の
余裕がない社会環境を変えることに重点を置き、説得力を出した」と話した。

選手権は山形県の東北芸術工科大学が主催。今回は359チームのエントリーがあり、
12チームが1次審査を通過。10月26日に同大で決勝大会があった。

【写真】全国高校デザイン選手権で3位を受賞した(右から)岩永さん、大石さん、黒岩さん
http://www.saga-s.co.jp/var/rev0/0071/9601/arita.jpg
http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&mode=0&classId=0&blockId=1097506&newsMode=article
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2759-dd69f64d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。