スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【医療】阪南市立病院の医師8人が辞表…「給与体系見直し」の新市長、慰留に努める 大阪

2008年11月13日 00:08

阪南市立病院 医師8人が辞表 新市長に反発、再建厳しく

 医師の大量退職から経営難に陥った大阪府阪南市立病院で、新たに確保した医師が新市長の
病院経営見直しなどに反発し辞意を伝えている問題で、医師8人が12日、辞表を提出した。
この日就任した福山敏博市長は話し合って慰留する考えだが、市立病院の運営は再び厳しい
局面を迎えた。

 この日午前中に、辞表が提出された。関係者によると、常勤的に診療をしている
医師2人のほか、当直医などで、来年2月末などに退職する意向という。

 阪南市立病院は、医師の大量退職で昨年7月に内科が休診。その後、歩合給を導入して
医師の平均年収を約2000万円に引き上げる待遇策を掲げるなどして医師確保を進め、
今年9月に内科の診察を再開するなど再建に乗り出していた。しかし、10月の市長選で
現職を破り初当選した福山市長が、歩合給の見直し検討などに言及していた。

 医師らは、福山市長の発言は、給与体系を見直した議会の議決を無視したもので、
信用できなくなったなどとして反発。これまでに辞意を表明していた。市側は慰留に努めるが、
辞職につながれば、医療収益が大きく減少するなど、運営に支障が出るおそれがある。

11月12日16時23分配信 産経新聞(最終更新:11月12日17時18分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000101-san-soci
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2757-7926bb70
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。