スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】集団強姦の罪で懲役6年を言い渡された男、判決にイライラして裁判所の壁を蹴り壊す

2008年11月11日 01:36

判決イライラ 暴れた被告、裁判所の壁に穴
2008.11.10 20:16

 懲役6年の判決言い渡し後に裁判所廊下の壁をけって穴を開けたとして、
三重県警四日市南署は10日、建造物損壊の疑いで同県桑名市東方、
無職、青山智哉容疑者(22)を逮捕した。「判決にイライラしてけった」と供述しているという。

 調べでは、青山容疑者は9月17日午前、津地裁四日市支部で
集団強姦(ごうかん)罪に問われ懲役6年の判決を言い渡された。
判決後退廷し、刑事裁判の被告が通る専用廊下で木造の壁を
けるなどして3カ所に穴を開けた疑い。三重刑務所によると、
当時刑務官2人が逃走防止用の手錠と腰ひもをしていたが、
青山容疑者が突然暴れたため制止できなかった。地裁が10月、告訴していた。

 青山容疑者は別の男と中学生2人に乱暴したとして昨年逮捕、起訴された。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081110/crm0811102017019-n1.htm
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2727-bc5e2676
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。