スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドイツ】アウシュビッツの設計図発見=「ガス室」表記、ナチス幹部署名も-独紙

2008年11月11日 01:35

 独大衆紙ビルトは8日付紙面で、ナチス・ドイツによるホロコースト
(ユダヤ人大虐殺)の舞台になったアウシュビッツ強制収容所の
設計図がこのほど、ベルリンのアパートの一室で見つかったと報じた。

 同紙によると、設計図は28枚の黄ばんだ紙に1941年から43年に
かけて描かれたもの。「戦時捕虜収容所アウシュビッツ」と記された
ページには、ホロコーストを指揮したナチス親衛隊(SS)長官の
ハインリヒ・ヒムラーの署名も見られる。

 また、41年11月に作成された設計図には、「シャワー室」の奥にある
約11メートル四方の部屋が「ガス室」と表記されている。

 このため同紙は、ユダヤ人問題の「最終的解決」を決定したとされる
ワンゼー会議が42年1月に開かれる以前に、ユダヤ人絶滅計画が
存在したことが裏付けられたとしている。


※元記事: http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008111000915
時事通信 平成20年11月10日
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2726-342e3e42
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。