スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】 二階経産相「妊婦受け入れ問題、『人が足りない』は言い訳」「医師のモラルの問題」…舛添厚労相「IT活用で対策を」

2008年11月11日 01:33

・東京都内で相次いで明らかになった、妊婦の受け入れ拒否。
 三鷹市の杏林病院から受け入れを拒否された妊婦の夫がインタビューにこたえ、
 「二度とこうしたことが起きてはならない」と訴えました。

 先週金曜日。東京の都立墨東病院には、意識不明となっている妻を見舞う男性の姿がありました。
 「心配ですし、会いたいので来てるんですけど。『うん』とか言ってくれればうれしいが、(返事は)
 まだない・・・」(搬送拒否された妊婦の夫)

 出産を間近に控えた男性の妻(32)が、異変を訴えたのは9月23日の午前0時過ぎ。
 突然、嘔吐や右半身が動かなくなるなどの症状が出たといいます。
 「(妻の体の)右側が全部、動かないような感じになってきていた。(医師は)脳の障害の可能性が
 あると言っていた」(搬送拒否された妊婦の夫)

 入院していた調布市の飯野病院の医師は脳出血の疑いがあると判断、午前3時ごろ三鷹市の
 杏林大学病院に救急搬送を要請しました。
 しかし、杏林大学病院は産科医が手術中だったことなどを理由に、受け入れを拒否。
 女性はその後、都内の5つの病院からも受け入れを断られ、4時間後、ようやくおよそ25キロも
 離れた都立墨東病院に搬送されました。

 「(救急車の中では)早く着いてくれ、早く着いてくれと。体がなんとかもってくれと思っているだけでした。
 とにかく長く感じました。(病院に)着くまでは」(搬送拒否された妊婦の夫)

 妻は病院で男の子を出産、その後、脳の手術を受けましたが、現在も意識不明が戻っていません。
 「(妻に)一番最初に(息子を)抱かせてやりたかった。頑張った本人にはね」(搬送拒否された妊婦の夫)
 今回のケースでは、最初に搬送を断った杏林大学病院側が「切迫感が伝わってこなかった」として
 いるのに対し、飯野病院側は「脳障害であることは伝えており、切迫感は伝わっていた」と
 病院間での言い分が食い違っています。

 また先月4日、墨東病院など都内の8つの病院に搬送を断られた36歳の妊婦が死亡したケースでも
 病院の間で言い分が食い違っています。

 病院同士の主張が食い違う今回の問題。舛添大臣はコミュニケーションがうまくいかない現状を、
 IT技術を駆使して解決できないかと、二階経済産業大臣と急遽、会談しました。
 「お医者さん同士のコミュニケーションがうまくいっていない。IT技術を活用した形で両省で協力
 しながら、国民のためになる仕事をしたい」(舛添要一厚労相)

 「政治の立場で申し上げるなら、何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。忙しいだの、
 人が足りないだのというのは言い訳にすぎない」(二階俊博経産相)

 2人の大臣はIT技術者にアイディアを出してもらい、大学病院で実験を行うことで一致しました。

 「1日も早く(行政が)行動に移してほしい」(搬送拒否された妊婦の夫)
(以上)

 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20081110/20081110-00000043-jnn-soci.html

※動画:http://news.bcst.yahoo.co.jp/news.asx?cid=20081110-00000043-jnn-soci-movie-001&media=wm300k
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2720-6807ad24
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。