スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【野球】西武が日本一、4年ぶり13度目 4勝3敗で巨人を下す…プロ野球・日本シリーズ

2008年11月10日 01:08

平尾V打!西武4年ぶり13度目の日本一!…日本S第7戦

西武 0 0 0 0 1 0 0 2 0 | 3
巨人 1 1 0 0 0 0 0 0 0 | 2

 ◆日本シリーズ第7戦 巨人2―3西武(9日・東京ドーム) 
西武は1―2の8回1死三塁、中島の三塁ゴロで同点に追いつくと、
2連続四球のあと、頼れる男・平尾博嗣の中前適時打で逆転に成功! 
先発の西口から石井一―涌井―星野―グラマンのパーフェクトリレーで
原巨人を振り切りった。対戦成績を4勝3敗とした西武は、2004年以来
4年ぶり13度目(前身の西鉄時代を含む)の日本一を達成した。

 西武は5回2死走者なし。石井一の代打・ボカチカがカウント1―1からの
3球目。外角高めに抜けたチェンジアップを鋭く振り抜くと打球は西武ファンの
待つレフトスタンドへ一直線。

 8回には先頭の片岡が左肩に死球を受け出塁すると、すかさず二塁へ盗塁を決め、
栗山の一犠打で三塁へ。中島の三塁ゴロの間に、片岡がホームへ突入し同点。
さらに中村、野田が四球を選び一、二塁。このチャンスに平尾がフルカウント
からの6球目、外角の変化球を中前に弾き返し、二走の中村が一気に生還し、
逆転に成功した。

 先発の西口は2回を投げ2安打2失点。バトンを受け継いだ投手陣は無安打、
無四死球の内容で強力巨人打線を完ぺきに封じた。

■渡辺久信・西武監督
「チームの思いと家族の思いと全国のファンの思いが、この2連戦に凝縮されていた。
就任1年目の駄目な監督を盛り上げてくれて、選手には感謝している。負け犬のまま
は嫌だった。今季はチームを立て直そうとやってきた」

▽スポーツ報知 http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20081109-OHT1T00228.htm
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2712-30e9e47d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。